スポンサードリンク

初めて行くインド-個人旅行の準備ガイドサイトトップ >海外旅行保険について  >> クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険で保険をカバーする時の注意点
年会費無料のクレジットカードを複数持つことで、お金を払って加入する保険よりも手厚い補償を受けることも可能にはなりますが、いろいろと注意点もあります。

1)保険金の請求手続きがめんどう
実際に病気やケガやその他のトラブルがあった場合、何社もの保険会社に対して請求手続きをする必要があります。その手間はどうしてもかかります。

2)家族特約の有無
家族で旅行に行く場合、家族の補償が保険でカバーされているのかも確認が必要です。
ゴールドカードだと「家族特約」が自動付帯していることが多いですが、年会費無料のカードだと家族特約はついていないことが多いです。
家族分の保険のカバーについてもきちんとカバーしましょう。

3)自動付帯ではないカードがある
カードによっては自動付帯のカードと、日本を出国する以前に公共交通機関の支払いもしくは、旅行費用の支払いをしないと保険が付帯されないカードもあります。

4)出発前にカード付帯の保険会社の緊急連絡先をきちんとチェック
カード付帯の保険会社の緊急連絡先をちゃんと調べて、旅行先でもすぐに連絡がとれるようにしておく必要があります。

せっかく保険がついていても、イザというときに使えなければ意味がありません。
保険の内容をしっかり把握して、賢く使いこなしましょう(^^)



スポンサードリンク

milelab at 18:00│clip!海外旅行保険について