スポンサードリンク

初めて行くインド-個人旅行の準備ガイドサイトトップ >インド旅行記 2010年  >> デリーの国際空港からホテルに向かう
予定より少し遅れてデリーに到着。

荷物が出てくるのを待つが、まあ~待てど暮らせど出てこない
荷物台にあまり人が居なくなってからやっと出てきた。。。

荷物を受け取ったら、まずは両替。
出口横にトーマスクックを発見。
準備をしているときに偶然見つけた旧姓でサインしてあるトーマスクックのトラベラーズチェック150$を両替してもらう。

パスポート見せろって言われたら、名前が違うのがバレてしまう。。。
そしたらなんて言えばいいんだー!
と、ドキドキしながらお兄さんが両替する手を見つめるワタシ

がしかし、パスポート見せろなんて言われる事もなく、あっさり両替完了。

ここの両替の換算率、悪かったなあ
T/Cだったからかなぁ。


さてさて、ここからが闘いの始まりです。まずは、無事にタクシーに乗らなきゃなんない

本当は、宿に行く前に国内線の空港まで行って明日のコーチン行きの予約をしたかったんだけど、国際線と国内線の空港を結ぶシャトルバスがどこで乗れるのかが分からない。

ロータリーにバスは止まっているんだけど、運転手もいないし、人気が全くなくて待ってれば動くのか、もう動かないのか分からない

到着したのは19:00頃だったので、もう日は暮れてるし、カミナリがゴロゴロいってるから一雨きそうだし、、、
で、国内線空港に行くのはあっさり断念したところに、感じの良さそうな若い兄ちゃんが声を掛けてきた。

「へい!バスを探してんのかい!バス乗り場ならこっちだぜぇ~」

なんか親切そうな兄ちゃんだな。。。
と思わず引っかかりそうになる。

「シャトルバスが1人500ルピーで乗れるからこの裏に行きな!」

おー、バス乗場は裏だったか。。。ってちょっと待て、まだルピーに慣れてないから聞き流したが、500ルピーだと
なんじゃそりゃ~!!

そうだ、ここはインドだった。
闘いは始まっているんだった。
ナイスガイな兄ちゃんに早速騙されるとこだったわい。

ということで、兄ちゃんは相手にせずプリペイドタクシーのカウンターへ向う。

ちなみに、普通は空港内部の出口付近にプリペイドタクシーのカウンターがあるもんだけど、デリーは完全に空港の外だったです。珍しいんじゃないかな。

今回は、1泊目の宿を日本からエクスぺディア(海外の格安ホテル予約サイト)を使って予約しておいたが、宿からの送迎の頼み方がわかんなくて頼んでなかった。

場所は空港の近くとしかわかんない。
地図も印刷しておいたけど、私が見ても分かりにくい。。。
こんなんで、無事にホテルにつくのか?

ええい、まゝよと、150ルピーをカウンターで支払ってタクシーに乗り込む。

運ちゃんに、「このホテルに連れてって」と住所と地図が乗っている紙を見せる。

「おー、分かった!10分ぐらいで着くさ!ノープロブレム!」

ほんとかー、おっちゃん大丈夫か。。
と、心配する間もなくタクシー出発。
と同時に、土砂降りの雨も降り出した。

先行き不安。私たちは無事にたどり着けるのか?

スポンサードリンク